ラグビー「薬物問題」、協会が対応表明 コンプラ組織立ち上げへ

7月4日(木)11時43分 J-CASTニュース

JRFUは新組織を立ち上げる

写真を拡大

日本ラグビーフットボール協会(JRFU)は2019年7月4日、「薬物問題」に対する新組織を立ち上げることを発表した。

今年6月、トップリーグ(TL)のトヨタ自動車ヴェルブリッツ2選手が、麻薬所持容疑で相次いで逮捕されたことを受けた措置となった。



ラグビーの価値を守るために



JRFUは、TLに所属する選手が相次いで、薬物不法所持で逮捕されたことを受け、書面で、



「その深刻度は拡大し、日本ラグビーフットボール協会としても大いに危惧しております」


と表明した。


JRFUでは、協会に加盟する約3000の全チームに対する「安全インテグリティ推進講習会」などを行ってきた経緯がある。しかし、今回の事態を重く受け止め、ラグビー憲章に掲げられている5つの「コアバリュー」のひとつであるインテグリティ(誠実、真摯、高潔などの概念)を追求していくため、5つの対応を行うことを決定した。


(1)JRFU会長(森重隆氏)名にて、全チームにインテグリティ/コンプライアンス(法令順守)対応要請の通達を発信する

(2)JRFU内にインテグリティ/コンプライアンスに対応する新組織を早期に設置する

(3)JRFUに加盟するチーム・関係部門に対してインテグリティ/コンプライアンスの教育機会を提供する

(4)TLの各チームと連携し、インテグリティ/コンプライアンスへの取り組みを改善する

(5)トヨタの薬物問題については司法の判断を待ち、JRFU規律委員会にて必要な処分等の対応を決定する


といったもので、ラグビーワールドカップ(W杯)2019日本大会を目前に控え「ラグビーの価値を守るため」の対応としている。

J-CASTニュース

「ラグビー」をもっと詳しく

「ラグビー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ