九州 8日まで大雨に警戒

7月5日(木)19時8分 tenki.jp

きょう(5日)は梅雨前線が九州北部の対馬海峡沿岸に延び、九州は局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨が降りました。あす(6日)以降も、梅雨前線は九州付近にほぼ停滞するため、非常に激しい雨が断続的に降り、大雨が続きます。この週末にかけて土砂災害などに厳重な警戒が必要です。

九州 8日まで大雨に警戒

8日(日)かけて大雨続く

梅雨前線はこれから8日(日)にかけて、九州付近にほとんど停滞するでしょう。このため、九州は大気の状態が非常に不安定で、非常に激しい雨が断続的に降り、大雨が長く続くことが予想されます。これまでの雨ですでに地盤が緩んでいる所が多く、土砂災害の危険度が高くなっている所がありますので、土砂災害に厳重な警戒が必要です。
あす(6日)にかけての1時間降水量(多い所)は、福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県は70ミリ、大分県・鹿児島県(奄美地方を除く)は60ミリ、宮崎県は50ミリに達するでしょう。
あす(6日)夕方にかけての24時間の降水量(多い所)は九州北部で250ミリ、九州南部は鹿児島県(奄美地方を除く)で250ミリ、宮崎県は200ミリの見込みです。6日夜以降、週末にかけても大雨が続くおそれがありますので、土砂災害に厳重に警戒し、河川の増水・氾濫、低い土地の浸水に警戒してください。落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。

危険を感じたら、速やかに避難

1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨は土石流などの危険が急激に高まります。「雨が続いているにもかかわらず、川の水位が急速に減少し始める」「立木の裂ける音や岩が流れる音が聞こえる」など、危険を感じたら速やかに避難するようにしましょう。
都市部では雨水の排水が間に合わず、広範囲で浸水し、雨水がマンホールから噴きだしたり、地下に流れ込むことがあります。地下施設は浸水に対して特に注意する必要があります。
車を運転している時に道路が冠水し始めた場合はスピードを緩め、走行が危険な場合は安全な路肩に停車して下さい。特に周囲より低いアンダーパスは水が深くたまりやすく非常に危険です。絶対に車で侵入しないでください。

tenki.jp

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ