オウム報道で「びっくりドンキー」に注目 運営会社HPにアクセス集中...その理由は?

7月6日(金)15時3分 J-CASTニュース

まさかの注目を集めた「びっくりドンキー」公式サイト

写真を拡大

松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚らオウム真理教元幹部の死刑執行を受け、思わぬ形でインターネット上の注目を集めた飲食店がある。全国に店舗を展開するハンバーグレストラン「びっくりドンキー」だ。



きっかけは、運営会社の名前だ。同レストランを展開するのは、札幌市に本社を置く「株式会社アレフ」。もちろんオウム真理教とは無関係なのだが、後継団体と名前の読みが同じことから、刑の執行直後から企業サイトにアクセスが集中。一時、サイトに接続しづらい状況となったのだ。

無関係なのに「サイト激重」



松本死刑囚ら7人の教団元幹部への死刑執行は2018年7月6日午前、各社が一斉に報じた。その直後から、びっくりドンキーを運営するアレフの公式サイトにアクセスしづらい状況が発生した。



どうやら、今回の刑執行を受けて、オウム真理教の後継団体・アレフの動向に大きな注目が集まる中で、間違えて名前の読みが同じ企業サイトへアクセスするユーザーが続出したようなのだ。



実際、J-CASTニュース記者が12時30分過ぎにサイトを訪問した際にも、ページはかなり「重い」状態。接続がタイムアウトするエラー表示もたびたび出るなど、サイトを快適に閲覧するのは困難だった。



ツイッターやネット掲示板を見ても、こうした状況に「アレフ(びっくりドンキーの方)のサイト激重で笑う」「株式会社アレフのWebサイトが見れなくなってる...」などと反応するユーザーが続出。なかには、



「何度でも言うけどびっくりドンキーは関係ないんや...」

「ネットで騒がれているが、びっくりドンキーの運営会社である株式会社アレフと、オウム真理教のアレフは全く無関係だから」


と注意を呼び掛ける声も相次いでいた。



びっくりドンキーを運営するアレフは創業1968年。その後、1987年に社名をアレフと変更した。公式サイトの記述によれば、社名の由来はフェニキア文字の「アレフ」にあるという。社名の変更当時はまだ、宗教団体のアレフは存在していなかった。




アクセス増は「いつものことです」



だが、2000年にオウム真理教がアレフと改称(後に『Aleph』に)。当時の産経新聞(1月19日付朝刊)によれば、こうした改称を受けて「株式会社アレフ」の担当者は、



「飲食産業だけにイメージが大切なので迷惑な話。排除できるのであれば措置をとりたいのですが...」


とコメントしていた。



それから約18年が経った現在でも、同社サイトのトップには「オウム真理教および同教団の『アレフ』と呼称する団体とは一切関係がありません」との注意書きが掲載されている。



なお、松本死刑囚らへの刑執行を受けた今回の騒ぎについて、同社の広報担当者はJ-CASTニュースの取材に対し、



「アクセスが集中し、サイトが重くなったことは確認しています。サーバーが落ちるなどの状況にはなっていません」


と説明。その上で、誤った問い合わせなどが執行後に来ていないかと尋ねると、



「全くないですよ。さすがに20年近くになりますから。(オウム真理教関連の)報道が出ると、弊社サイトのアクセスが増えるのはいつものことです。もう、慣れてしまっていますよ」


と話していた。

J-CASTニュース

「オウム」をもっと詳しく

「オウム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ