定年まで我慢すべきか、休職中58歳男性の「退職金」をめぐる葛藤

7月7日(日)6時0分 ダイヤモンドオンライン

退職金は定年後の生活を支える大きな要素です(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


病気で休職中の58歳男性

復職すべきか、退職すべきか


 今回ご相談を寄せてくださったのは、現在、会社を休職中で傷病手当を受け取っているという58歳の男性。60歳の定年を前に、復職をするか、退職するかで悩んでいるといいます。


【相談内容】

<相談者の家族構成と年齢>

Tさん(夫・本人)58歳

妻(正社員) 60歳 ※今年定年、65歳まで勤務予定


<世帯収入(月額・手取り)>

Tさん 30万円

妻 20万円


<月間支出>

約35万円


<貯蓄>

貯金 約4000万


<投資>

していない


<退職金>

約1000万円


<具体的なお悩み>

 復職すべきか、退職するかで迷っております。現在、58歳になります。60歳定年です。雇用延長はありません。私は、病気になり休職中です。傷病手当は1年6ヵ月出ます。年金は65歳支給で、夫婦で月額約25万円と年金事務所で確認してきました(今すぐに退職した場合の金額です)。


 子どもは2人自立しています。自宅は持ち家ですが、ローンは返済済みです。


 退職金は約1000万円。今すぐに復職して定年まで勤務した場合は、250万円加算されます。資産の運用は、妻が慎重なため、全くしていません。全て定期預金です。


 59歳まで傷病手当を支給される間の1年間は、介護施設でボランティア活動をしようと思っています。そこで、会社に席を残して休職し傷病手当をもらうか、退職して傷病手当をもらうかでも迷っています。会社に席があると自由が利かず、これもストレスになっています。そこで、復職して加算金をもらうまで勤務するかを思案しています。


 傷病手当の支給が終わり次第、介護施設などでアルバイトを長くしたいと考えています。アドバイスをお願いします。






続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「定年」をもっと詳しく

「定年」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ