佐賀・古川知事のツイッター突然削除 「玄海原発再開」への非難から逃げた?

7月7日(木)18時4分 J-CASTニュース

あるユーザーが指摘した古川知事のツイッター「お気に入り」の画像

写真を拡大

   九州電力の玄海原発2、3号機の運転再開問題を抱えた佐賀県の古川康知事のツイッターアカウント(@furukawayasushi)が突然削除された。



   福島原発事故以後、古川知事のツイッターには玄海原発の運転再開に反対する声が殺到しており、今回のアカウント削除に対し、一部では「逃げたのではないか」との声も上がっている。


反原発派けなす発言を「お気に入り」に

   古川知事は2、3号機の再稼働を容認する姿勢を示し、7月中旬にも最終的な判断をするとしていた。それが7月6日、政府が全国の原発でストレステスト(耐性試験)を実施するとしたため、判断を大幅に先送りすると表明した。


   アカウントが削除されたのはこの日の深夜だ。九電社員が関連会社の社員らに対し、住民説明番組へ再稼働賛成の「やらせメール」を出すよう指示していた問題が発覚した日でもあり、「これでも原発再稼働するのか」と、知事へ再稼働しないことを求める声が強まっていた。


   さらに一部ユーザーからは、古川知事がほかの複数ユーザーの


「地震ごときを理由に原子力を否定するなんて、いったいどれだけ軟弱なんだ。そんな女々しい奴は豆腐の角に頭をぶつけて死んでしまえ」

といった反原発派を過激に否定する発言や、


「あなたのご英断に敬意を表します。これで九州経済のみならず日本経済が救われます。これから反原発派からのいやがらせなどが増えると思いますが、がんばってください」

という古川知事への激励メッセージをツイッターの「お気に入り」に登録していたことが指摘され、非難が寄せられていた。


「こんなときこそ情報を発信するべきではないか」


   古川康知事は2010年8月にツイッターを開始し、その後の会見で、「私たちの仕事というのはいろんなツールから入ってくる情報を生かすということは求められておりますので、公務で使うかどうかは別にしても、ツイッターでのやりとりというものを仕事に生かすということはもちろんあり得る」と説明していた。


   東日本大震災後の11年3月13日には、東電・東北電管内の電力供給が不足していることを受け、佐賀県出身で関東在住の学生に「支障がなければ、災害支援のために、一時帰省をお願いします」と呼びかけるなど、積極的にツイッターを利用してきた。


   今回のアカウント削除に対し、ツイッター利用者からは「こんなときこそツイッターで情報を発信するべきではないか」「いまやめたら向き合う気がないと捉えられてもしかたない」「アカウントだけでなく原発も凍結してくれ」といった声が上がっている。


   佐賀県秘書課に削除の理由を聞くと、「知事個人のことで関与していないため、分からない」とのことだった。

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

知事をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ