今日8日(月)の天気 西日本は雨に 関東は梅雨寒が続く

7月8日(月)5時20分 ウェザーニュース


2019/07/08 05:23 ウェザーニュース

■ 天気のポイント ■

・九州〜中部は広い範囲で傘の出番
・日差しが恋しい関東〜東北太平洋側
・北日本日本海側は太陽が背中を後押し


予想天気図 今日8日(月)9時

今日8日(月)は低気圧や上空に流れ込む寒気の影響で、西日本は雨が降り、東日本でもにわか雨の可能性があります。日差しの届くことがあっても油断禁物です。
東京など関東や東北の太平洋側は雲が多く、梅雨寒が続きます。

九州〜中部は広い範囲で傘の出番

雨の予想 今日8日(月)18時

九州〜中部は、東シナ海から接近する低気圧や上空に流れ込む寒気、異なる向きの風のぶつかり合いにより、雨の降ることがあります。
雨が強まったり、雷や突風を伴ったりすることもあるので、注意してください。
日差しが届いても油断禁物です。週明けの外出には傘をお持ちください。
九州南部では先日の大雨で地盤が緩んでいるところがあるため、土砂災害にも注意が必要です。

日差しが恋しい関東〜東北太平洋側

関東や東北の太平洋側は、引き続き海から湿った空気が流れ込み、雲の多い天気が続きます。ところどころで雨も降るため、折りたたみ傘の準備をおすすめします。
気温も低めで、25℃に届かないところがほとんどです。羽織るもので上手に体感温度の調節を行ってください。

北日本日本海側は太陽が背中を後押し

北日本の日本海側は引き続き高気圧に覆われ、晴れるところが多くなります。
北海道の内陸や東北では気温も上がり、旭川や秋田では30℃の真夏日予想と暑くなるので、こまめな水分補給など熱中症対策を忘れずに行ってください。


ウェザーニュース

「天気」をもっと詳しく

「天気」のニュース

「天気」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ