福岡県で発砲なし1年続く ここ10年で最長記録

7月9日(火)12時14分 J-CASTニュース

   福岡県内で発砲事件がない状態が2013年7月8日でちょうど1年続き、ここ10年で最長記録となっている。



   発砲事件が多かったのは、指定暴力団が5団体と全国で最も多く、抗争が絶えなかったためらしい。県警では、事件が減ったのは、12年10月の改正暴力団対策法施行の効果ではないかとみている。県内で最後に起きた発砲事件は、筑紫野市内のマンションで暴力団元幹部が射殺されたものだった。

J-CASTニュース

「発砲」をもっと詳しく

「発砲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ