九州 今夜から大雨のおそれ 活発な梅雨前線南下 来週初めにかけて大雨に警戒

2024年7月10日(水)13時54分 tenki.jp

明日11日にかけて活発な梅雨前線が九州付近へ南下するでしょう。今夜から九州北部は雷を伴い激しい雨が降る所があり、11日にかけて大雨のおそれがあります。土砂災害や河川の増水・氾濫、道路の冠水などに注意・警戒して下さい。

明日11日にかけて大雨のおそれ

今日10日は朝鮮半島付近にある低気圧が日本海へ進み、梅雨前線が次第に対馬海峡を南下するでしょう。明日11日にかけて梅雨前線は九州付近で活動が活発となり、九州は大雨のおそれがあります。
午後1時現在、対馬海峡付近には梅雨前線に伴う雨雲が広がっています。また、九州付近は高気圧周辺の暖かく湿った空気の流れ込みで、大気の状態が非常に不安定になっており、所々で雨雲が発達しています。
今日10日午後は梅雨前線の南下に伴い、九州北部は次第に雨が降りやすくなり、夜は雷を伴い激しく降る所があるでしょう。明日11日は九州各地で雨となり、九州北部は明け方から朝を中心に、九州南部は日中を中心に雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。
今夜(10日)から明日11日夕方までの24時間に予想される降水量は、九州の多い所で100ミリを超え、200ミリ近くに達する所もある見込みです。雨雲が予想以上に発達したり停滞すると、予想雨量よりさらに増える可能性もあります。
土砂災害や河川の増水・氾濫、道路の冠水などに注意・警戒して下さい。落雷や竜巻などの激しい突風にもご注意下さい。

来週初めにかけて、梅雨末期の大雨に警戒

明後日12日以降も、九州は梅雨前線がほとんど停滞する見込みです。強弱を繰り返しながら雨が降り、13日(土)からの3連休も大雨のおそれがあります。
来週初めにかけて、九州は梅雨末期の大雨が降りやすい気圧配置です。いつどこで大雨が起こってもおかしくない気象状況になりますので、こまめに最新の気象情報を確認し、大雨に備えておきましょう。

tenki.jp

「雨」をもっと詳しく

「雨」のニュース

「雨」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ