東海 猛烈な暑さは収まるも 明日11日にかけ激しい雨や雷雨に注意 3連休の天気は

2024年7月10日(水)12時18分 tenki.jp

東海地方は、今日10日は猛烈な暑さは一段落し、梅雨空が戻ってきています。午後は、次第に雨の降る所が多くなり、明日11日にかけて局地的な激しい雨や雷雨の恐れがあります。

梅雨空戻る 今日10日午後は次第に雨の範囲広がる

梅雨前線は日本海から北陸付近を通り、東北南部にのびています。明日11日にかけて前線は本州付近を南下し、前線上の低気圧が東北地方を通過する見込みです。
東海地方では、暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の非常に不安定な状態が続くでしょう。今日10日と明日11日は午後を中心に発雷確率が高く、局地的に発達した雨雲や雷雲がかかる見込みです。道路が一気に川のようになる激しい雨の恐れがあります。竜巻などの激しい突風や落雷、降ひょうにも十分注意してください。

激しい雨って どんな雨?

激しい雨は、1時間雨量が30ミリ以上〜50ミリ未満の雨を表しています。これは、バケツをひっくり返したように降るイメージです。また、傘をさしていてもぬれるレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では道路が川のようになり、高速道路を走る車は、タイヤと路面の間に水の膜ができて、ブレーキがきかなくなる「ハイドロプレーニング現象」が起こるおそれがあります。
激しい雨が降ると予想される所では(激しい雨が降った所では)、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫を引き起こす可能性がありますので、注意が必要です。

明日11日正午までに100ミリ超えの所も

今日10日正午から明日11日正午までの24時間雨量は、岐阜県の多い所で100ミリ〜200ミリの大雨の恐れがあります。また、明日11日は夕方まで広く雨が降るため、更に雨量は増える所があるでしょう。その他の地域でも、局地的に激しい雨や雷雨の可能性があります。雨雲レーダーで最新の雨雲の動きを確認して、雨の降り方には十分注意してください。

週間天気 3連休の天気は?

この先、梅雨前線は本州付近に停滞しやすいでしょう。前線は南下したり北上したり、位置は多少変わる見込みです。
12日(金)は晴れ間の出る時間もありますが、天気は変わりやすく、朝晩を中心に雨の降る所があるでしょう。13日(土)からの3連休は前線が本州付近に停滞し、活動が活発になる見込みです。長い時間雨が降り、大雨の恐れがあります。大雨になるエリアなどは、最新の天気予報を確認するようにしてください。連休明けも、雨が降りやすいでしょう。傘マークが多く洗濯物の外干しの機会に悩みますが、12日(金)などの少しの晴れ間を有効にお使いください。
極端な暑さはしばらくなさそうですが、ムシムシとした不快な暑さで体調を崩さないよう気をつけましょう。

tenki.jp

「雨」をもっと詳しく

「雨」のニュース

「雨」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ