大型で非常に強い台風8号 夕方まで強風に注意

7月11日(水)12時0分 ウェザーニュース


2018/07/11 12:33 ウェザーニュース

11日(水)9時現在、大型で非常に強い台風台風8号(マリア)は、中国の福建省付近を西に進んでいます。

▼台風8号 7月11日(水) 9時現在
 存在地域   東シナ海
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     西 35 km/h
 中心気圧   955 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 60 m/s


今後は中国に上陸して勢力を落とし、熱帯低気圧となる予想です。

夕方にかけて強風に注意

台風8号はこのあとも離れていきますが、11日(水)9時現在も、先島諸島はまだ風速15m/s以上の強風域に入ったままとなっています。

昨日ほどの暴風が吹き荒れることはありませんが、夕方までは強風に注意が必要です。

▼予想される風速
 石垣島地方 南東の風
  15 m/s(瞬間的に25 m/s)
 与那国島地方 南のち南東の風
  17 m/s(瞬間的に30 m/s)

台風8号の動き


台風8号はマリアナ諸島で発生した後、7月5日から6日にかけて急発達し、一時的に中心気圧が915hPa、中心付近の最大風速は55m/s、最大瞬間風速は75m/sにも達したとみられます。その後もあまり勢力を落とさないまま沖縄へ接近し、先島諸島で40m/sを超える暴風が観測されました。

▼接近時に観測された最大瞬間風速
 鏡原(宮古島市)  45.3 m/s
 下地(宮古島市)  44.8 m/s
 宮古島(宮古島市) 43.1 m/s
 西表島(竹富町)  42.4 m/s
 大原(竹富町)   40.2 m/s
 伊原間(石垣市)  40.1 m/s

台風の名前「マリア」

Mariaは、米国の女性の名前が由来です。
台風の名前は、「台風委員会」(日本ほかアジア地域14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ