豪雨災害エリアで雷雨の恐れ 岡山、広島は要注意

2018年7月11日(水)12時25分 ウェザーニュース


2018/07/11 12:10 ウェザーニュース

11日(水)の西日本は大気の状態が不安定になっています。
午前中から広い範囲で気温が30℃を超えており、午後は内陸部を中心に35℃前後まで上昇する見込み。これにともない、山沿いでは雷雲が発生・発達し、天気急変の可能性が高まっています。

1時間に30mm以上の雷雨の恐れも

中国山地で発生した雷雲は上空の北風によって移動し、夕方頃には岡山や広島の沿岸部に進みそうです。
倉敷市など岡山県西部から広島県東部にかけて1時間に30mm以上の雷雨の恐れがあります。
新たな土砂災害が発生したり、土石流などの危険性がありますので、北の空に底の黒い雲が見えてきたら、復旧作業を中断したり一旦避難するなど、急な雨に対する備えを行ってください。


ウェザーニュース

「雷雨」をもっと詳しく

「雷雨」のニュース

「雷雨」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ