自民実行本部、世襲制限を提言=空白区で公募徹底

7月13日(金)16時21分 時事通信

 自民党の党・政治制度改革実行本部(本部長・塩崎恭久前厚生労働相)は13日、議員の世襲を制限する提言をまとめた。候補者が決まっていない選挙区で公募実施を徹底し、公募に当たり「必要かつ十分な時間」を確保するよう求めた。近く安倍晋三首相(党総裁)に提出する。
 実行本部は、現職議員が選挙直前に引退表明し、公募なしで親族が後継候補になるケースが少なくないことを問題視。同本部幹部は「時間切れで世襲を公認することはなくしたい」と話している。ただ、反発が予想され、実現は微妙だ。 

[時事通信社]

時事通信

「公募」をもっと詳しく

「公募」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ