参院6増案、衆院で審議入り=野党反発、成立ずれ込みも

7月13日(金)18時43分 時事通信

 衆院政治倫理確立・公職選挙法改正特別委員会は13日、自民党が提出した参院定数を6増やす公選法改正案の提案理由説明と質疑を行った。与党は17日の成立を目指しているが、改正案を「自民党の党利党略」と批判する野党が対決姿勢を強めており、18日以降にずれ込む可能性もある。
 13日は自民、公明両党のみが質疑を行い、この後の理事会で17日に野党分の質疑を行うことで合意した。与党は同日中の採決も提案したが、野党の反対で継続協議となった。 

[時事通信社]

時事通信

「野党」をもっと詳しく

「野党」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ