金融庁、ネット仲介会社に業務改善命令=虚偽説明で資金募る

7月13日(金)21時34分 時事通信

 金融庁は13日、虚偽の説明で投資資金を募り金融商品取引法に違反したとして、インターネットを使った個人向けの小口融資仲介会社「maneoマーケット」(東京)に業務改善命令を出した。8月13日までに改善策を報告するよう求めた。
 同庁によると、この仲介会社は2016年10月以降、ファンド運営会社グリーンインフラレンディング(東京)からの依頼を受け、再生可能エネルギー関連事業費の名目で、約3000人から計130億円を調達し、ファンドに全額を出資した。しかし、このファンドは出資者への説明に反し一部を再生エネ以外の事業などに流用していた。 

[時事通信社]

時事通信

「金融庁」をもっと詳しく

「金融庁」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ