豪雨で川から土砂、海が黄色に 広島大の衛星画像解析

7月13日(金)17時7分 共同通信

米地質調査所の観測衛星が9日に撮影した、広島県呉市周辺の様子(米地質調査所・広島大提供)

写真を拡大

西日本豪雨によって、大量の土砂が各地の河川伝いに流れ出て海を黄色く染めていたことが、13日までの広島大の衛星画像解析で分かった。解析した広島大の作野裕司准教授(リモートセンシング学)は「めったにない規...

共同通信

「7月豪雨」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「7月豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ