<西日本豪雨>愛媛県が被害者氏名公表へ 方針を転換

7月13日(金)22時18分 毎日新聞


 愛媛県災害対策本部は13日、西日本豪雨による死亡者と安否不明者について、遺族や家族の同意を得られた場合のみ氏名を公表すると発表した。これまで個人情報保護などを理由に被害者の住所地の自治体名と性別、年齢のみの公表にとどめていたが、方針転換した。


 転換理由は「災害の重大性、重要性をかんがみた」としている。中村時広知事は報道陣の取材に対し、「当初は慎重に対応する必要があった。(災害が発生してから)1週間がたち、遺族らへの確認作業の時間がとれるようになった」と話した。【中川祐一、花澤葵】

毎日新聞

「西日本豪雨」をもっと詳しく

「西日本豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ