【西日本豪雨】西日本豪雨被災地に支援物資送る 山形県、ペットボトル1万本

7月13日(金)18時25分 産経新聞

「ぜひ山形の水を被災地に届けてください」と運転手に向けあいさつする山形県企業局の高橋広樹企業管理者(右から2人目)=13日、山形市緑町(柏崎幸三撮影)

写真を拡大

 西日本豪雨による被災地支援として、山形県は13日、ペットボトル入り飲料水(500ミリリットル)1万本を送ることを決め、同日、県トラック協会の協力を得て、広島県内の支援物資集積所に送った。

 吉村美栄子知事が、湯崎英彦広島県知事と電話で被災状況を尋ね、「水、飲料水が不足している」とのことから飲料水の支援を決めた。届け先となる広島県内の支援物資集積所までは約1100キロあり、県トラック協会加盟の運転手2人が交代で運転し届ける。高橋広樹県企業局企業管理者はトラックの運転手に「現地では水が足りないということです。被災者の方に山形の水を届けてください」と話した。

 陸上自衛隊第6師団(山形県東根市)は12日、西日本豪雨による災害派遣活動として消毒作業などの感染症予防などに取り組むため第6特殊武器防護隊の隊員14人を広島県の海田市駐屯地に派遣した。派遣隊員は、公共機関や病院、配食所などで活動を行う。

産経新聞

「西日本豪雨」をもっと詳しく

「西日本豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ