【西日本豪雨】那須与一の縁、栃木・大田原市が岡山・井原市に職員派遣

7月13日(金)22時10分 産経新聞

 栃木県大田原市は13日、西日本豪雨で甚大な被害を受けた友好親善都市の岡山県井原市に職員2人を派遣すると発表した。派遣期間は17日〜9月30日の予定。また、災害見舞金200万円を送ることも決めた。

 井原市からの人的支援要請を受け、派遣。水道課と都市計画課の男性土木技師2人で、道路や農地の設計や測量などが任務となる。

 11日時点での井原市の被害状況は、死者と行方不明者が各1人、軽傷4人。床上浸水61件、床下浸水66件に上り、公共土木や農業関係の被害通報が900件近くある。また国道や県道の13路線で交通規制がある。

 大田原市の津久井富雄市長は同日の記者会見で「被災された方にお見舞いを申し上げるとともに被災地の一日も早い復興を願っている」と述べた。

 両市は、源平合戦の屋島の戦いで扇の的を射抜いた弓の名手、那須与一にゆかりが深く、昭和59年に友好親善都市となった。東日本大震災では井原市から災害物資や義援金の支援を受けた。大田原市は与一の生誕地とされ、井原市は屋島の戦いの恩賞で得た領地や与一の墓とされる供養墓がある。

産経新聞

「豪雨」をもっと詳しく

「豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ