「間接事実の総合評価欠いた」 逆転無罪を破棄、差し戻し 鳥取の強盗殺人事件で最高裁

7月13日(金)18時30分 産経新聞

 鳥取県米子市で平成21年、勤務先のホテル支配人を殺害するなどしたとして、強盗殺人罪に問われた石田美実(よしみ)被告(61)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は13日、「間接事実の総合評価という観点からの検討を欠いている」として、逆転無罪とした2審広島高裁松江支部判決を破棄し、審理を高裁に差し戻した。1審鳥取地裁の裁判員裁判は懲役18年を言い渡していた。

 4裁判官全員一致の結論。裁判員裁判の有罪判決を覆して全面無罪とした2審判決が最高裁で破棄されるのは初めて。

 石田被告は21年9月、勤務先だったホテルで、男性支配人=当時(54)=の首をひものようなもので絞めるなどし、現金約43万円を奪った上、27年9月に多臓器不全で死亡させたとして起訴された。

 被告は公判で無罪を主張。1審は、被告が事件翌日に千円札230枚を自分の口座へ入金していたこと、当日にホテルを訪れていたことなどから、「被告が犯人」として、殺人と窃盗罪で有罪を言い渡した。

 一方、2審は、大量の千円札が、ホテルから奪われた金であるという直接証拠がないことなどから、無罪とした。

 同小法廷は「日常生活で、230枚もの千円札を持っていることは通常ない」と指摘。これは被告人が犯人であることを推認させる事情であるにもかかわらず、「2審がそうした観点で検討した形跡がない」とし、間接事実の総合評価という観点での検討が十分でないと判断した。

産経新聞

「逆転無罪」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「逆転無罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ