広島、愛媛県内で猛暑日記録 豪雨被害エリアで厳しい暑さ

7月13日(金)16時0分 ウェザーニュース


2018/07/13 15:57 ウェザーニュース

今日13日(金)は朝からしっかりと日差しが届いたこともあり、昨日よりも気温の上昇した所が大部分となっています。
豪雨被害が大きかったエリアも厳しい暑さで、愛媛県大洲は35.4℃を記録し今年初めての猛暑日。広島や倉敷も今年一番に迫る暑さになりました。
全国的に見ると、15時までに最も気温が上がった東京都青梅と高知県大栃で36.3℃を記録。猛暑日の地点は42地点に達しています。

ただ、この暑さはまだ序の口です。明日14日(土)から明後日15日(日)にかけてはさらに厳しい暑さ。体温を上回るような猛烈な暑さになる所もあるため、復旧作業や避難生活を送っている方ほど十分な警戒が必要です。

熱中症のサインは?

□脈拍が速くなる
□呼吸が増加する
□顔色が悪くなる
□めまいがする
□皮膚が乾き、赤くなる
□異常に体温が上がる

これらのようなサインが現れたら、熱中症を発症している可能性があります。自身のことはもとより、周りでこういった症状の人が出ないかご注意ください。


ウェザーニュース

「猛暑」をもっと詳しく

「猛暑」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ