今夜から明日にかけて九州や東海などで大雨のおそれ さらなる災害に警戒

7月13日(月)11時25分 ウェザーニュース


2020/07/13 11:26 ウェザーニュース

週明けの今日13日(月)は、西日本では梅雨空となっていて、日本海側を中心に雨が降っているところが多くなっています。
今夜以降、低気圧が日本海西部を進む影響で九州北部や中国地方で激しい雨の降るおそれがあります。
また、雨のエリアは明日14日(火)にかけて東に広がり、東海や甲信でも激しい雨や大雨に警戒が必要です。

激しい雨で被害拡大のおそれ

雨の予想 14日(火)0時

低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込むため、今夜以降、西日本で雨が強まってきます。
特に九州北部や山陰では局地的に1時間に50mmを超える非常に激しい雨が降る見込みで、明日14日(火)朝までに多い所で150〜200mmの雨が降るおそれがあります。
九州北部では7月はじめから断続的に雨が降り続いていて、これまでの雨量が多くなってます。弱い雨でも土砂災害の危険性が非常に高くなっているので、警戒が必要です。さらなる被害拡大のおそれがあるため、避難などは早めの行動を心がけてください。

東日本でも明日は激しい雨のおそれ

48時間予想積算降水量(13日(月)9時〜15日(水)9時)

低気圧や湿った空気に伴う雨雲は、明日にかけて東に移り、明日は東日本で強雨や大雨となるところがあります。
紀伊半島や東海の山沿いでは1時間に70〜80mmの非常に激しい雨が降るリスクがあり、明後日15日(水)朝にかけての総雨量は、多いところで300mm近くに達するおそれがあります。
長野県や岐阜県など、先週大雨特別警報が発表された地域や、静岡県などでは、これまでの大雨で地盤が緩んでいることが考えられます。
弱い雨でも土砂崩れなどが発生しやすい状況になっているので、雨の降り方など最新の情報を確認し、自治体から発表される避難情報にも留意するようにしてください。


ウェザーニュース

「九州」をもっと詳しく

「九州」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ