米子の強盗殺人、最高裁が高裁の無罪判決を破棄

7月13日(金)20時7分 読売新聞

 鳥取県米子市のホテルで2009年、支配人の男性(当時54歳)を暴行して現金を奪い、死亡させたとして強盗殺人罪に問われた元ホテル店長、石田美実よしみ被告(61)の上告審判決が13日、最高裁第2小法廷であった。鬼丸かおる裁判長は、被告を無罪とした2審・広島高裁松江支部判決を破棄し、審理を同高裁に差し戻した。

 被告は09年9月にホテルの事務所で男性の頭を壁に打ち付けて首を絞め、現金を奪ったとして起訴された。男性は15年に死亡した。

 無罪を主張する被告に対し、裁判員裁判の1審・鳥取地裁判決は、被告が事件直後に被害金とほぼ同数の230枚の千円札を所持していたことなどから殺人と窃盗の罪で懲役18年の実刑としたが、2審判決は「被告が犯人との証明は不十分」と判断し、無罪とした。

 同小法廷はこの日の判決で「日常生活で230枚の千円札を持つことは通常はない」などと指摘。審理をやり直すよう命じた。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「逆転無罪」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「逆転無罪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ