その作り置きカレー、大丈夫? 夏に急増「細菌性食中毒」

7月14日(土)13時0分 神戸新聞

細菌性食中毒の原因となるカンピロバクター(国立感染症研究所提供)

写真を拡大

カンピロバクター、サルモネラ、ウェルシュ菌−。一度は耳にしたことがあるこれらの名は、食中毒の原因となる細菌の名称だ。菌は35度前後で繁殖しやすいため夏場に発症者が増える傾向にあり、この時期は特に注意が...

神戸新聞

「細菌」をもっと詳しく

「細菌」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ