<なかがわ水遊園>「キモカワ」動物にゾクゾク 栃木

7月14日(土)9時23分 毎日新聞

スッポンモドに見入る観光客=栃木県大田原市のなかがわ水遊園で2018年7月13日、柴田光二撮影

写真を拡大


 栃木県大田原市の県なかがわ水遊園で13日、夏の企画展「ゾクゾク は虫類と両生類展」が始まった。計25種約100匹を「カワイイ?ゾーン」と「ちょっと怖い?ゾーン」の二つに分けて「キモくてかわいい『キモカワ』動物」の世界を紹介している。


 「カワイイ?ゾーン」ではウーパールーパーの愛称で人気のアホロートルやスッポンモドキなどを紹介している。「ちょっと怖い?ゾーン」では、体長2・3メートルもある蛇のアナコンダをはじめ、南米のカメの仲間マタマタ、1980年代にブームを起こしたエリマキトカゲなどが見られる。


 家族で訪れた同県上三川町の会社員、石崎俊一さん(38)は「爬虫(はちゅう)類が好きなので」と見入っていた。


 期間中は週末を中心に「カエルのたまご風ゼリー作り」「アマゾンの魚たちと泳ごう〜ダイビング体験」などのイベントを企画している。【柴田光二】

毎日新聞

「動物」をもっと詳しく

「動物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ