<京都>桂離宮の参観有料化へ 宮内庁管理施設では初

7月14日(土)5時0分 毎日新聞

天橋立に見立てた風景(中央)などで人気を集める桂離宮=京都市西京区で、中津川甫撮影

写真を拡大


 宮内庁が、無料で参観者を受け入れている桂離宮(京都市西京区)について、11月初旬にも定員を拡充した上で有料化する方針を決めた。7月21日までパブリックコメントを実施し、強い反対がなければ7月下旬には有料化を正式決定する。有料化は宮内庁管理施設では初めて。


 1日の定員を2倍強の480人に増やし、対象も現在の18歳以上から12歳以上(小学生除く)に拡大。参観料は18歳以上(高校生除く)1回1000円とする。高校生以下と障害者・付添人は無料とする。外国人向けに英語によるガイドを雇うことも検討中。


 関係者によると、桂離宮は皇室の伝統や文化、庭園に興味のある国内外の観光客から人気を集める一方、施設や景観の維持管理の費用負担のあり方が議論されていた。【中津川甫】

毎日新聞

「有料化」をもっと詳しく

「有料化」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ