<西日本豪雨>岐阜の被災地にも大勢のボランティア

7月14日(土)12時13分 毎日新聞

ボランティアセンターで被災地域の場所を確認する参加者たち=岐阜県関市で2018年7月14日午前8時40分、兵藤公治撮影

写真を拡大


 豪雨で津保川が氾濫し、全半壊6棟、床上・床下浸水936棟の大きな被害に見舞われた岐阜県関市でも、県内外から大勢のボランティアが集まった。家屋から泥をかき出したり、使えなくなった家具などを処分したりと作業に取り組んだ。


 受付窓口は市内3カ所。市総合福祉会館「わかくさ・プラザ」に設置された市災害ボランティアセンターでは午前8時に受け付けが始まり、9時時点で個人240人以上と、団体参加で10団体71人が登録した。


 午前中から酷暑となった中、互いに声を掛け合い、明るい雰囲気で作業に励んだ。大垣女子短大(同県大垣市)の小西文子教授(50)は、福祉コースの学生4人と参加。ボランティアの役割を説明し、助けが必要かを尋ねる仕事を割り当てられ、さっそく各戸を回って歩いた。学生の一人、大間鈴子さん(18)は「今まで参加したことが無かったので、これを機会に被災地域で力になりたいと思います」と話した。【横田伸治、兵藤公治】

毎日新聞

「ボランティア」をもっと詳しく

「ボランティア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ