前理事長に「息子の第1志望なのでよろしく」

7月14日(土)6時0分 読売新聞

 文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件で、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)が昨年5月、東京医科大学(東京)の臼井正彦前理事長(77)と会食し、「息子の第1志望なのでよろしく」と伝えていたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部が2人のやりとりを録音した音声データを入手していたことも判明。佐野容疑者は容疑を否認しているが、特捜部は、佐野容疑者が息子の合格を要求したとみて調べている。

 佐野容疑者は、同省官房長だった昨年5月、同省の支援対象校に同大が選定されるよう便宜を図ることを臼井前理事長から依頼され、その見返りに息子を同大に合格させてもらった疑いで逮捕された。臼井前理事長と鈴木まもる前学長(69)は特捜部の任意の事情聴取にこうした経緯を認めており、特捜部は2人を在宅のまま贈賄容疑で捜査している。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「汚職」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「汚職」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ