「俺は地獄行き」 少女を殺し遺体写真を公開した男が逮捕される

7月17日(水)8時1分 しらべぇ

不審者(stacey_newman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ある男が、インスタグラムで人気を博していた米国人の少女(17)を殺害した。しかし犯人の蛮行はそれでは終わらず、その残忍な行為の数々に多くの人が震え上がった。

 

■人気インスタグラマーの死

今月14日にある男(21)に米ニューヨークにて殺害されたと報じられているのは、インスタグラムで多くのフォロワーを誇った美少女だった。少女は男とコンサートを楽しんだ後に殺害されたと見られ、男は少女の息の根を止めた上になんと斬首。

傷ついた遺体をネットにアップし「ごめん」という謝罪をキャプションとして添えたほか、自身の今後を悲観してか、「さあ、地獄が待っている」といった書き込みをしたことも判明している。

 

■死のうとした男

おぞましい写真がネットで拡散したと知るなり、男は自ら通報。すぐに後を追って死ぬ気だったらしく、自分の首をナイフで切りつけ流血する写真もインスタグラムにアップしていたという。

駆け付けた警官隊が男を発見した際、男は車の横に立ち「死んでやる」と語っていたと報じられた。

■少女と男の関係とは…

男が怪我をしていることもあり、逮捕はしたものの、同殺人事件の捜査は今のところ進展はないもよう。

ちなみにふたりが交際していたという説があるが、少女のファンからは「ステディな仲だったとは信じがたい」「ネットでストーキング被害を受けていたのでは?」という声も噴出している。

今後の捜査でふたりの関係、またなぜこのような残忍な手口で少女を殺し遺体をネットで晒したのかについても、慎重に調べを進めていくもようだ。

 

■誰かに殺意を抱いた経験は?

少女殺害とおぞましい死体損壊で世間を震撼させたこの男だが、実際に誰かに殺意を抱いた経験がある人は少なくはない。

しらべぇ編集部が全国20〜60代男女1,537名を対象に調査したところ、全体の27.3%が「本気で殺意を抱いたことがある」と回答しているのだ。

親しくする相手を選ぶこと、またソーシャルメディアの利用にも十分な注意が必要だ。どこで、誰と、何をしている。そういった情報をリアルタイムでアップしていた有名人が、執拗なストーカーに付きまとわれる被害も過去に何度も報じられている。


・合わせて読みたい→「大金を出すから処女を売って」 10代少女を騙した男の狙いは人身売買


(文/しらべぇ編集部・マローン小原)



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年10月19日〜2018年10月22日

対象:全国20代〜60代男女1,537名(有効回答数)

しらべぇ

「遺体」をもっと詳しく

「遺体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ