嫌いな人を「許そう」と無理に思う必要はない

7月18日(火)6時0分 ダイヤモンドオンライン


新著『忘れる力』を出版した臨済宗 全生庵住職の平井正修氏が、刺激にさらされ、ストレスや不安に悩むビジネスパーソンに、波立つ心を穏やかにさせる方法を指南します。今回のテーマは「嫌いな人にどう接するか」。相手が嫌だという感情を無理に抑え込む必要はないのです。


仕事上の人間関係は

「仕事のうち」と割り切る


 いつまでも引きずってしまう感情の代表的なものが、「許せない」です。


 人間ですから、私自身も許せないと思うことはあります。


 誰しも「好き」「嫌い」の感情が生まれたり、許せない気持ちがわき上がってきたりするものなのです。


 よく、「人間は悪いところばかりではないから、よいところも見つけましょう」と言いますが、無理な話です。嫌いな人のことはどうやっても嫌いですから、それは仕方がありません。


 他人とは、合う、合わないがあって当たり前なのです。


 また、「仕事上の人間関係は仕事のうち」とも、よく言われます。


 嫌いな相手でも合わない人でも、それを含めてうまく進めていくのが仕事、という考え方です。会社では仕事をするのですから。


 もし合わない人がいたとしても、別に仲よくする必要はありません。生きているのですから、マイナスの感情がわいてくるのは自然なことです。それを無理に抑えようとする必要はないのです。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

仕事をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ