BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

10日前に「絶筆」コラム 日野原さん、「遺言メッセージ」

J-CASTニュース7月18日(火)12時41分
画像:日野原さんが執筆した2017年7月8日付け朝日新聞(be土曜版)のコラム
写真を拡大
日野原さんが執筆した2017年7月8日付け朝日新聞(be土曜版)のコラム

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明さんは、数多くのエッセイでも知られたが、105歳で大往生する10日前の2017年7月8日付け朝日新聞(be土曜版)に、事実上の「絶筆」コラムを書き残していた。

カナダ生まれの医師、ウィリアム・オスラー(1849〜1919)に触れた一文で、彼を「師」と仰ぎ、「その背を追って」きたと自身の人生を振り返り、医療におけるヒューマニズムの大切さを訴えていた。



「全人医療」を訴える




オスラー博士はカナダ、米国、英国の医学の発展に多大な貢献をして、医学教育にも熱意を傾け、今日の医学教育の基礎を築いた医学者として知られる。


日野原さんが朝日新聞で長年連載していた「私の証 あるがまゝ行く」というコラムによると、戦後、聖路加病院は接収され、米軍の陸軍病院となった。その結果、海外情報に触れる機会が増え、米軍医を通して念願のオスラーの講演集を入手。「衝撃と感動をもって読み」、「臨床医に必要なもの、私が生涯をかけて追うべき医師の姿はこれだと確信」。48年には『アメリカ医学の開拓者、オスラー博士の生涯』を翻訳出版した。


その後も海外でオスラーを敬愛する「オスレリアン」と交流し、83年には日本オスラー協会を発足させるなどその思想の普及に尽くした。「私が生涯をかけた活動の一つであり、充実した道程だったと満足しています」と振り返り、「医学にヒューマニズムを取り戻し、患者を全人的にとらえようとしたオスラーの理念は『全人医療』という言葉とともに、これからも確実に日本社会に根を張っていくことでしょう」と結んでいた。



『十歳のきみへ』でも紹介



オスラーは当初、聖職者をめざし、のちに医学者になった。日野原さんは牧師の息子であり、自身も敬虔なクリスチャンだった。そういた意味でも、二人には重なり合う部分があったようだ。


日野原さんは著書『十歳のきみへ』などでもオスラーを紹介しているが、結果的に最終回になったコラムで改めて取り上げたことで、読者や後輩の医療関係者に、自身の長年の思いを「遺言メッセージ」として伝える格好となった。

Copyright(C) 2006-2017 株式会社ジェイ・キャスト

はてなブックマークに保存

J-CASTニュース

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「メッセージ」をもっと詳しく

注目ニュース
内閣支持率が「10ポイント減」 内閣改造で「回復」あるのか J-CASTニュース7月24日(月)15時18分
安倍内閣の支持率が下げ止まらない。安倍晋三首相の閉会中審査が決まった後に行われた世論調査でも、1か月前と比べて10ポイント減少。[ 記事全文 ]
首相、やじ対応「不徳」 都議選演説で「こんな人たち」 共同通信 47NEWS7月24日(月)13時3分
安倍晋三首相は24日の衆院予算委員会で、東京都議選で街頭演説した際、自らにやじを飛ばし続けた聴衆に対し「こんな人たち」とやり返した対応につ…[ 記事全文 ]
千葉・大網白里市の県道で男性死亡、ひき逃げか TBS7月24日(月)14時12分
24日未明、千葉県大網白里市の県道で60代くらいの男性が血を流して倒れているのが見つかり、その後、死亡が確認されました。[ 記事全文 ]
SNSが避難にブレーキ 熊本地震で住民調査 共同通信 47NEWS7月24日(月)8時47分
震度7を記録した昨年4月の熊本地震の際に、インターネットの会員制交流サイト(SNS)で情報を得た人は避難を思いとどまる傾向にあったことが、…[ 記事全文 ]
<名鉄犬山線>電車が男性の上を通過 泥酔状態で寝たまま 毎日新聞7月24日(月)13時33分
24日午前0時18分ごろ、愛知県江南市北山町の名鉄犬山線で、中部国際空港発新鵜沼行きの最終急行電車(6両編成)の運転士が踏切の北約150メ…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア