台風8号 あす27日(火)に関東沖北上し東北上陸へ 強まる雨風に警戒

7月26日(月)22時30分 ウェザーニュース

2021/07/26 22:37 ウェザーニュース

7月26日(月)21時現在、台風8号(ニパルタック)は日本の東の海上を西に進んでいます。明日27日(火)には次第に進路を北寄りに変えて、東北地方の太平洋側に上陸する見込みです。
台風接近前の今夜から活発な雨雲が接近します。28日(水)にかけ降水量がかさんで大雨となるおそれがあるため十分注意してください。
▼台風8号 7月26日(月)21時
 存在地域   日本の東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西 30 km/h
 中心気圧   992 hPa
 最大風速   20 m/s
 最大瞬間風速 30 m/s

台風接近前の発達した雨雲にも注意

雨雲の様子 26日(月)21時

台風の接近を前に、発達した雨雲が関東や東北地方などにかかり始めました。この後、28日(水)にかけて断続的に強い雨が降り、東北地方の太平洋側など多いところでは総雨量が150mmを超える可能性があります。
これらの地域では西日本などの多雨地域と比べると、川の許容流量や地盤の強化状況などが違うため、少ない雨量でも洪水などの被害が発生するおそれがあります。
増水した川や水路等に近づくと危険ですので、様子を見に行ったりしないでください。また、冠水した道路等では側溝などとの境目がわかりづらくなり、車や人が転落して流されるおそれがありますので、荒天の最中はむやみな外出はおやめください。

風も強まり、一部の交通機関に影響の可能性

風の予想 27日(火)12時

台風8号は顕著な発達はなく、このまま暴風域を伴うことなく接近してくる予想です。
大規模な停電などの被害が発生する可能性は低いとみられますが、倒木等により局地的な停電が発生したり、電車の遅延や一部運休など交通機関に影響が出る可能性があります。
なお、強風の吹く範囲は広いことが想定されますので、飛来物などに十分注意してください。

福島 宮城に上陸すれば統計史上初

台風といえば日本付近では西から東に進むことが多いイメージですが、台風8号は東日本に東側から接近してくる予想です。北上を阻む太平洋高気圧の存在と、寒気のかたまり「寒冷渦」による風の流れが影響しています。
本州付近に東から接近してくる台風は多くなく、近年では、岩手県に統計史上初めて上陸した2016年の台風10号や、三重県に上陸して西日本を東から西に縦断した2018年の台風12号などがあります。
もし、台風8号が福島県、宮城県に上陸した場合、統計記録が残る1951年以降では初めてのこととなります。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風8号の名前「ニパルタック(Nepartak)」はミクロネシアが提案した名称で、有名な戦士の名前からとられています。

ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ