台風8号 明日27日(火)関東か東北に上陸へ 今夜から強い雨風に注意

7月26日(月)10時25分 ウェザーニュース

2021/07/26 10:17 ウェザーニュース

7月26日(月)9時現在、台風8号(ニパルタック)は、日本の東の海上を北北西に進んでいます。今後は徐々に北西に向きを変えて、明日27日(火)には東北から関東に上陸する見込みです。
台風接近前の今夜から、湿った空気が流れ込む影響で雨や風が強まるおそれがあるため注意が必要です。
▼台風8号 7月26日(月)9時
 存在地域   日本の東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北北西 35 km/h
 中心気圧   992 hPa
 最大風速   20 m/s
 最大瞬間風速 30 m/s

今夜から雨が強まり、断続的に強い雨が続く

予想積算降水量 26日(月)18時〜28日(水)18時

関東から東北の太平洋側は今日の夕方以降、段々と雨が降り出し、夜遅くからは強い雨や雷雨になります。
台風の北側にあたる宮城県や福島県、岩手県では、東から吹き込む湿った空気の影響を受けやすく、断続的に強い雨が降り、雨量がまとまるおそれがあります。多いところでは総降水量が100mm以上となり、局地的には150mm超えるおそれもあるため、河川の増水・氾濫や土砂災害に警戒が必要です。
茨城県や千葉県でも、台風を取り巻く外側の雨雲が今夜からかかりはじめ、1時間に30mmを超える激しい雨が降るおそれがあります。

風も強まり、一部の交通機関に影響の可能性

このあと台風8号は顕著な発達はなく、暴風域を伴うことはない見込みですが、沿岸部を中心に強風に注意が必要です。
関東から東北の沿岸部ではだんだんと風も強まり、瞬間的に25m/s近い強い風が吹く予想です。今夜から明日にかけては交通機関に影響が出るおそれがあるため、交通機関を利用される方は、鉄道会社や高速道路各社のホ−ムページなどで最新の情報を確認することをおすすめします。
また、北日本から関東にかけては波も高まり、明日27日(火)には東北で5m前後になる予想です。波の高い間はできるだけ海岸には近づかないようにしてください。

6号は中国大陸へ進むも局地的に影響残る

台風6号 進路予想

台風6号は勢力を落としながら、中国の華中を西北西にゆっくり進んでいます。26日(月)9時になり、暴風域はなくなりました。このあともゆっくりと西寄りに進み、28日(水)9時までには熱帯低気圧に変わる見込みです。
台風からは離れていますが、沖縄本島や奄美諸島の周辺には湿った空気に伴う雨雲があり、局地的に強雨や雷雨をもたらすおそれがあります。黒い雲が近づいてきたら急な強い雨や雷雨に注意が必要です。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風6号の名前「インファ(In-fa)」はマカオが提案した名称で、花火のことを意味する語からとられています。
台風8号の名前「ニパルタック(Nepartak)」はミクロネシアが提案した名称で、有名な戦士の名前からとられています。

ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ