ヤフオク! 上半期検索キーワードランキング! 2位「ハリアー80」、1位はSUVで人気の?【自動車部門】

7月27日(火)11時50分 All About

「2021年上半期検索キーワードランキング」、「自動車」カテゴリをご紹介。

写真を拡大

ヤフー運営のネットオークション・フリマサービス「ヤフオク!」は、「2021年度上半期 急上昇検索キーワードランキング」を発表しました。集計期間は2021年1月から5月。2020年同期間と比較して検索数が急上昇したキーワードを5部門に分けて集計しています。
今回はネットオークション暦17年の筆者が、「自動車」カテゴリでの出品時の注意点も含めながら、同カテゴリの検索急上昇ワードを紹介します。

2位:「ハリアー80(トヨタ)」

2位はトヨタ自動車の「ハリアー80」でした。ヤフオク! で「ハリアー80」を検索してみると(7月14日、以下同)、約1万4000件のヒットがありました。そのうち自動車本体の出品は1件で、他はパーツやアクセサリー、タイヤ、ホイールなどでした。

1位:「ヤリスクロス(トヨタ)」

1位は同じくトヨタ自動車の「ヤリスクロス」でした。「ヤリス」は日本では「ヴィッツ」で親しまれていたコンパクトカーです。2020年に日本と海外で「ヤリス」に統一されています。「ヤリスクロス」は、「ヤリス」シリーズの中でSUVとしてラインナップされています。
自動車車体の出品もありますが、「ハリアー80」同様にパーツやアクセサリーが多く出品されています。パーツなどは個人でも出品のハードルが低くなることもあり、比較的扱いやすいタイヤやライトなども見受けられました。

ヤフオク! で自動車本体の取引はあまり多くない

自動車に関しては、ヤフオク! ストアの出品もあり自動車本体の出品も多く見られます。ただ実際に取引されている件数はあまり多くはありません。自動車は直接見てみないと分からないことも多いですし、金額も高額です。買うまでのハードルが高いため、ヤフオク! での売買は少ないと考えられます。

自動車を落札するときの注意点は?

ユーザーの不安な気持ちを少しでも緩和させるため、ヤフオク! では中古車探しのポイントを紹介しています。まずチェックしておくことは、以下の4つです。
・走行距離
・点検記録簿の有無
・修復歴の有無
・出品者の評価
実際に購入する場合には、諸費用の確認も必要です。車両代金以外にも、車検費用、取得税、リサイクル預託金、自賠責保険料、重量税、自動車税などがかかってきます。他にも受け取りや名義変更の方法なども確認しておきましょう。
受け取りに関しては、「落札者が出品者のところまで取りに行く」「陸送業者に依頼をする」のどちらかになりそうです。後者の場合には、料金が発生します。また名義変更に関しても出品者と落札者のどちらが変更をするのか、各種書類を確認する必要もあります。
自動車車体の落札は、衣類や雑貨を落札する場合とは異なる点がたくさんあります。その点を踏まえ、出品者と落札希望者がお互いに確認し合うことが求められそうです。
(文:川崎 さちえ)

All About

「ヤフオク」をもっと詳しく

「ヤフオク」のニュース

「ヤフオク」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ