都内の進学校が「メンズビオレ」自販機を設置した納得の理由とは

2022年7月27日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

都内の進学校でビオレやニベアの製品の自販機が、設置されることになった理由とは?ある男子生徒の言葉がきっかけだった(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


東京品川区の私立共学、青稜中学校・高等学校。「入学の偏差値に比べ、大学合格実績が高い学校」としてだけでなく、メンズビオレの自販機を設置するなど、面白い挑戦をしている学校としても近年注目を集めています。そこで今回は青稜中学校・高等学校の校長を務める青田泰明さんの著書『「メンズビオレ」を売る進学校のしかけ』(青春出版社)から、これからの時代に必要な「学力+α」の力を身につける教育を紹介します。


校内の自販機で「メンズビオレ」を販売するしかけ


 校内に設置された、青い不思議な自販機。


 売られているのはメンズビオレをはじめとした、花王のビオレやニベアの製品です。何故学校にメンズビオレの自販機があるのか。きっかけは男子生徒からのこんな言葉でした。


「先生、○○って日焼け止め塗ってるんですよ」「○○は肌の手入れにすっげー意識高いんです」


 遭遇したのは、そう言って仲間のスキンケアを冷やかす男子生徒たちの姿でした。私は思わず、「いや、男の子でも日焼け止めくらい塗るだろう」「男だってシミができると後で大変なんだよ」とたしなめましたが、その後、ハッと気がつきました。



続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「中学校」をもっと詳しく

「中学校」のニュース

「中学校」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ