台風12号、関東に先行雨雲 土曜に紀伊半島直撃へ 

7月27日(金)22時0分 ウェザーニュース


2018/07/27 22:28 ウェザーニュース

台風12号は、27日(金)21時の推定位置で、父島の東北東約270kmにあり、強い勢力を保ちながら北北東に時速35kmで進んでいます。台風の外側で発生した強い雨雲が関東にかかり始めています。


▼台風12号 27日(金)21時推定
存在地域   父島の東北東約270km
 大きさ階級  //
 強さ階級   強い
 移動     北北東 35 km/h
 中心気圧   965 hPa
 最大風速   40 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 55 m/s


今後はやや速度を早めながら北から北西に進み、28日(土)昼頃には伊豆諸島付近に最も近づきます。

28日(土)午後はさらに西向きに進路を変えて、関東や東海の沖合を通過。海面水温が高いため、この段階でも強い勢力は保ったままで、中心付近に最大風速は40m/s程度の予想です。暴風域も伴っているため、中心から少し離れたエリアでも暴風雨の恐れがあります。

関東に活発な雨雲が流れ込み始める

27日(金)22時過ぎの雨雲レーダー

関東や東海はこれから28日(土)の未明にかけ雨雲が流れ込みやすくなります。沿岸部を中心に活発な雨雲が通過し、1時間に30〜50mmの激しい雨になる所もありそうです。

台風の接近前から道路冠水などの恐れがあるため、早めに警戒が必要です。

28日(土)午後からは台風本体の影響も受け、夜にかけて断続的に強い雨となります。

29日(日)は豪雨被災地を直撃

28日(土)夜には紀伊半島を中心とする東海地方に上陸し、29日(日)にかけては近畿や中国地方を通過する見込みです。

「平成30年7月豪雨」で大きな被害がでた岡山県や広島県付近を直撃し、1時間に30〜50mmの激しい雨を降らせそうです。総雨量も100mmを超え、新たな災害の発生する恐れがあります。

避難をする場合は28日(土)の明るいうちに済ませるようにしてください。

夏休みの週末を直撃 予定変更の検討を

夏休みの週末ということで、多くのイベントもあり、お出かけを予定されている方も多いとは思います。台風の進路にあたるところでは、電車や高速道路、飛行機など交通機関への影響も出てしまいそうです。

最新情報を確認するとともに、週末の予定の変更も検討をしてください。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ