美容室で全く会話しない客は迷惑? 美容師のリアルな本音は…

7月28日(日)16時1分 しらべぇ

美容室(Koji_Ishii/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

美容室で、美容師と世間話をするよりは、雑誌などを読みながら静かに過ごしたい…という人は少なくないだろう。『Yahoo!知恵袋』に、美容師との会話に悩む中学生から相談が寄せられ、話題になっている。

 

■「話すのが苦手」と悩む中学生

「美容室で全く話さない客は迷惑ですか?」と切り出した、中学生の投稿者。人と話すことがとても苦手で、現在思春期外来にも通っているのだそう。

美容室に行くときは、母が予約を入れる際に電話で「話すのが苦手」と伝え、来店時にも、母が担当美容師に写真を見せながら髪型について説明し、投稿者はほとんど話さずずっと本を読んで過ごしているという。

しかし、そんな自分の態度に投稿者は「正直こんな客やりにくいですか?」「美容師の方が裏で何か話しているのを見ると自分のことを言われてないか過剰に反応してしまいます…」と気持ちを打ち明け、意見を求めている。

 

■「迷惑なんてことはありません!」

トピックには、「気にすることはない」といった励ましの声が多く寄せられているのだが、実際に美容師たちは「全く会話をしない客」のことをどう思っているのだろうか。しらべぇ編集部は、美容師歴15年の女性(50代)に話を聞いた。

美容師:話さない方が迷惑だなんて、そんなことは全くありません! お話が好きな方はコミニュケーションが取れていいですが、お話したくない方は無理にお話されなくても、その分私たちは技術に集中できるので、その分お時間をかけずに施術することができます。

 

ただ、ご希望のヘアスタイルの確認など、最低限の会話は必要となりますが、それ以外で無理にお話して頂く必要はなく、美容師も全く気にしていません

 

■非日常空間でリフレッシュしてほしい

また、取材に応じた美容師の女性は「お客様が美容師に気を遣って話を合わせるという事態は、本来あってはならないこと」とし、客がどのような接客を望んでいるのかは「美容師側が気をつけなければいけないこと」であると指摘する。

美容師:ご希望通りに仕上げることができて、お客様にご満足いただくことが1番。会話が弾んだ、弾まなかったことは全く問題ではありません。くつろいでいただき、また来て頂くことのほうが大切です。

 

美容室はお客様にとって非日常の空間として、リフレッシュできる場所であるべきです。経験を積んだ美容師は、最初にご希望のヘアスタイルを伺ったあとで、少し話しかけた感じでそのお客様がコミュニケーション求めているのか、そっとしておいてほしいのかを大体把握します。

 

美容師は、技術だけではないんです。お客様が余計な気を遣わずに、くつろいで、満足して帰っていただけることが1番です」

 

多くの美容師は「会話をしない客」のことを迷惑だとは全く思っていないようだ。

 

■6割弱の人が「美容室が苦手」

美容師とのコミュニケーションに悩んでいるという投稿者だが、様々な理由で「美容室が苦手」と感じている人は少なくないようだ。

しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,732名を対象に実施した調査では、全体で6割弱の人が「美容室が苦手」だと回答している。

美容室

美容師と無理にコミュニケーションを取ろうとして、結果的に苦手意識を持ってしまうことはお互いにとって残念なこと。適当に話していたほうが楽しく過ごせるのか、静かに過ごしていたほうがリラックスできるのか…自分なりの美容室での快適な過ごし方が見つけられると良いだろう。


・合わせて読みたい→美容師に髪型を「おまかせ」はあり? 信頼関係がなければ失敗も…


(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2019年3月22日〜2019年3月27日

対象:全国10代〜60代の男女1732名 (有効回答数)

しらべぇ

「美容室」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「美容室」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ