神社本庁幹部が庁舎で飲酒し部下に暴行、退職者続々で組織的危機

8月6日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

全国8万の神社を包括する神社本庁(東京都渋谷区)。職員の退職が後を絶たない Photo:DW

写真を拡大


暴行された若手職員が

先月末に依願退職


 俗世間と同じく、神様の世界でもパワハラや飲酒による不祥事が横行しているようだ。


 約8万社の神社を束ね、日本最大の信者数を誇る宗教法人「神社本庁」(東京都)で、対外窓口である広報部署の幹部が、庁舎で酒に酔ったあげく、部下の若手職員に暴力行為に及んでいたことが発覚。耐え兼ねた若手職員が先月末に依願退職していたことが8月3日、関係者への取材で分かった。


 神社本庁は現政権を支える政治団体「神道政治連盟(議員懇談会会長は安倍晋三首相)」の母体組織。ところが、この1年間で、元皇族が就いていた法人を代表する「統理」と、自実質的なナンバー2の「副総長」が任期半ばで辞任。さらに暴行を受けた若手職員以外の職員も次々と退職するという「異常事態に陥っている」(神社関係者)。


 複数の関係者によれば、神社本庁広報国際課課長心得の役職にある男性が6月29日午後5時過ぎから、庁舎内で一部の職員と私的な飲み会を開催。4時間以上飲み続けた9時半ごろ、入庁2年目の若手職員に対し、仕事の段取りが悪いなどと激昂し、他の職員がいる前で頭を背後から殴りつけ、床に頭を押さえつけるなどしたという。一方、若手職員の方は飲酒していなかった。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「暴行」をもっと詳しく

「暴行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ