小池都知事、三宅選手をツイッターで祝福 実は「重量挙げ」協会会長

8月8日(月)16時0分 J-CASTニュース

実は日本ウエイトリフティング協会会長を務める小池百合子都知事(2016年7月撮影)

写真を拡大

小池百合子・東京都知事が、リオ五輪の三宅宏実選手(重量挙げ女子48キロ級)の銅メダル獲得をツイッターで祝福した。

2016年8月7日のツイッターで、「おめでとう!ケガをおしての銅メダルです!」などとつぶやいた。監督の名前も挙げて「ご苦労様でした!」とねぎらいの言葉をかけ、「感動をありがとう」と祝福した。



「おめでとう!ケガをおしての銅メダル!」


小池知事の7日のツイッターには、写真も載っている。後ろ斜め45度から撮影された小池知事らしき女性が、両手を上げて拍手しているように見える。写真左隅にはテレビが映っており、三宅選手の活躍を中継なりニュース報道なりで知って喜んでいる場面のようだ。


今回のツイッターには、「感動をありがとう」のあとに、「小池百合子 日本ウエイトリフティング協会会長」との記載も。重量挙げ競技のまさに「関係者」、というわけだ。



小池知事は、2013年6月から同協会の会長に就任している。ウエイトリフティングとのかかわりについては、経緯を知るある関係者によると、小池知事が防衛大臣(2007年)の経験があることから、同協会の下部組織のひとつである自衛隊関係団体から推薦があり選ばれたという。



小池知事のツイッターでは、16年8月8日(日本時間)、メジャーリーグ通算3000安打を達成した、マーリンズのイチロー選手も祝福。「メジャーリーグで3000本ヒットの偉業。イチロー、すごいです。これぞ、金メダル。コツコツ、やる。学びたいものです」と称えた。

J-CASTニュース

「ツイッター」をもっと詳しく

「ツイッター」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ