サンバ祭りに「火炎瓶」 素人でも作れるものなのか

8月8日(月)19時46分 J-CASTニュース

爆発する恐れもあったらしい(ユーチューブから)

写真を拡大

東京都杉並区で行われたサンバパレードに火炎瓶のようなものが次々に投げ込まれ、見物客ら15人が手足にやけどを負う事態になった。現場近くで自殺した男(68)の犯行と見られているが、どうやって「火炎瓶」を用意したのか。

通りから「おい! コラ」と怒鳴り声が響いたが、次の瞬間、「パーン」とガラスが割れるような音がして、火柱が上がった。



携帯用ガスバーナーを瓶に巻き付ける



ユーチューブに見物客が投稿した動画には、火炎瓶のようなものが投げ込まれる瞬間が映っていた。


京王井の頭線・富士見ヶ丘駅近くの商店街では、2016年8月7日夜の事件当時は「七夕祭り」が行われていた。投げ込まれたのは、サンバカーニバルのパレードの列が通り過ぎた直後だ。目撃者の話では、通り添いの住宅3階から上半身裸の男がいきなり「火炎瓶」投下を始める。見物客らは避難して遠巻きに見守ったが、その制止を聞かずに計4回ぐらい投げ込んだ。


3階の部屋からも火が出たほか、この住宅に住む一人暮らしの男は、2階へ降りる階段で首を吊っているのが見つかった。男は救急車で病院に運ばれたが、翌8日に死亡した。警視庁高井戸署が殺人未遂の疑いで調べている。男は、「祭りがうるさい」と知人に不満を漏らしていたという。


報道によると、火炎瓶のようなものは6個投げ込まれていた。その中からは、液体が入った瓶に粘着テープで携帯用ガスバーナーが巻き付けられたものが見つかった。割れずに残っていたものも2本ほどあり、油の臭いがした。


男の自宅からは、この「火炎瓶」が複数見つかったほか、改造した洋弓銃のボウガンやドローンも見つかったという。



火炎瓶の作り方を紹介するサイトも



自殺した男は、どのようにして「火炎瓶」を作ったのだろうか。


火炎瓶の作り方については、シンプルなものから手の込んだものまであることが知られている。ネットで調べると、その作り方まで紹介しているサイトもあった。しかし、ガスバーナーを巻きつけるというケースは通常はないようだ。


高井戸署によると、「火炎瓶」にはガスボンベが着いていただけに、爆発する恐れもあったという。油の臭いがしたことから、ガソリンや灯油、あるいは揮発性の液体を混合したものの可能性があり、さらに調べている。


高井戸署では、男は、学生運動をしたり、過激派に所属したりした経験はないとみている。今回のような火炎瓶を素人でも作れるのかは、男が自殺したこともあり、真相はまだ分かっていない。

J-CASTニュース

「火炎瓶」をもっと詳しく

「火炎瓶」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ