ダブル台風 大型で非常に強い台風9号が先島諸島へ

8月8日(木)7時35分 ウェザーニュース


2019/08/08 07:31 ウェザーニュース

日本の南の海上には台風9号と台風10号があり、2つとも発達しながら北上しています。

台風9号は今夜から明朝にかけて、沖縄・先島諸島に最接近する予想です。

台風9号 (レキマー)

実況 [8月8日(木)6時]
 擾乱種類   台風(TY)
 存在地域   石垣島の南東約300km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北北西 15 km/h
 中心気圧   925 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 65 m/s

今後も北北西に進み、今夜から明日9日(金)朝にかけて先島諸島に最接近する見込みです。

先島諸島では、猛烈な雨と暴風に警戒

先島諸島では台風中心の発達した雨雲によって1時間に100mm近い猛烈な雨と、最大瞬間風速が50m/sを超えるような暴風に見舞われるおそれがあります。

古い木造家屋や電柱が倒壊する危険があるレベルです。沿岸では大しけになるので、海には近づかないようにしてください。

台風9号は大型で速度が遅いため、猛烈な雨や暴風が長引くことが考えられます。食料や燃料・電池などの備蓄や、飛ばされやすいものを片づけるなど、早めの対策を心掛けてください。

今日はなるべく早めに帰宅して、雨や風が強まる前から避難所へ移動するなど、安全を第一に心がけて行動するようにしてください。

台風10号(クローサ)

実況 [8月8日(木)6時]
 擾乱種類   台風(TY)
 存在地域   小笠原近海
 大きさ階級  大型
 強さ階級   強い
 移動     北西 ゆっくり
 中心気圧   975 hPa
 最大風速   35 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 50 m/s

台風10号はこのあとも海面水温の高い領域をゆっくり進むため急速に発達し、9日(金)から10日(土)には非常に強い勢力となって、11日(日)頃に小笠原諸島に最接近する予想です。

週明けの進路は定まらず

そのあとは、まだ進路はまだ定まっておらず、太平洋高気圧の張り出し具合によって、進路が大きく変わる可能性があります。

世界各国の気象予想モデルを見てみると、最も西側のコースをたどった場合は四国の南の海上、最も東側のコースをたどった場合は東の海上に向かう予想となっている状況です。

場合によっては来週半ば頃に本州付近にかなり近づき、お盆休みを直撃するおそれがあります。最新の情報を確認するようにしてください。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風9号のレキマー(Lekima)は、ベトナムが提案した名称で、卵黄のような黄色い実をもつ果物の名前が由来です。

台風10号のクローサ(Krosa)は、カンボジアが提案した名称で「鶴」です。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ