台風5号が明日9日(日)にも発生見込み 沖縄では風雨が強まるおそれ

8月8日(土)18時20分 ウェザーニュース


2020/08/08 18:23 ウェザーニュース

フィリピンの東海上にある熱帯低気圧は明日9日(日)にも台風5号となる可能性があります。熱帯低気圧から台風に変わる頃にはすでに沖縄に近づいていると見られるため、早めの備えが必要です。

熱帯低気圧は徐々に発達傾向

熱帯低気圧の予想進路

熱帯低気圧は少しずつ発達しながら北上を続けています。気象庁は明日9日(日)までに台風になるとして情報を発表しています。発生すると「台風5号」と呼ばれることになります。
▼熱帯低気圧 8月8日(土)15時現在
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北 20 km/h
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   15 m/s
 最大瞬間風速 23 m/s

明日9日(日)は沖縄本島周辺で風雨が強まるおそれ

9日(日)午後の雨の予想

熱帯低気圧は中心の東から南東側に発達した雨雲が広がっているため、進路の東側にあたる沖縄本島や奄美諸島で風雨が強まる見込みです。1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨や、瞬間的に25m/sを超えるような暴風のおそれがあります。台風の発生前から備えを進めるようにしてください。
10日(月)には東シナ海まで北上し、九州には近づかず、朝鮮半島方面に向かう予想です。ただ、中心が近くを通らなくても、九州を中心とした西日本には南からの湿った空気が流れ込みやすくなります。局地的に雨の強まるおそれがあるため、油断はできません。
また、台風4号と同様に、日本海で温帯低気圧に変わってから北日本に進む可能性もありますので、最新の情報をご確認ください。


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ