24時間以内に新たな台風発生へ 中国に上陸か

8月10日(月)5時10分 ウェザーニュース


2020/08/10 05:53 ウェザーニュース

8月10日(月)3時現在、南シナ海で熱帯低気圧が発達中です。気象庁はこの熱帯低気圧について、24時間以内に台風に発達する見込みとの情報を発表しました。次に台風ができると「台風6号」と呼ばれることになります。
▼実況 8月10日(月)3時
 擾乱種類   熱帯低気圧
 存在地域   南シナ海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     北 20 km/h
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   15 m/s
 最大瞬間風速 23 m/s
予報 24時間後 8月11日(火)3時
 擾乱種類   台風
 存在地域   台湾海峡
 強さ階級   //
 移動     北 20 km/h
 中心気圧   998 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

台湾の西を北上し中国に上陸か

熱帯低気圧はこの先、台湾の西側を北上し、台湾海峡から中国の華南(アモイ付近)へ上陸する可能性が高いとみています。
沖縄では台風5号やこの熱帯低気圧の影響で、明日11日(火)にかけて大気の不安定な状態となります。急な強い雨や突風等に注意してください。このほかは、日本への直接の影響はない見通しです。

次に台風ができると「台風6号」今月4つ目

台風発生数の平年値

次に台風が発生すると、今月4つ目の台風発生となり、「台風6号」と呼ばれることになります。
8月の台風発生数の平年値は5.9個ですので、今回台風が発生すれば平年並みかやや早めのペースと言えそうです。
台風による大雨や暴風への備えを今一度ご確認ください。

平年の台風発生数


ウェザーニュース

「台風」をもっと詳しく

「台風」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ