BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

東京サマーランドの刺青・タトゥー入園規制、強気な煽り文句で炎上し謝罪 「時間とお金の無駄」

BIGLOBEニュース編集部8月12日(金)11時38分
画像:画像は東京サマーランド公式ブログ スクリーンショット
写真を拡大
画像は東京サマーランド公式ブログ スクリーンショット

東京都あきる野市の東京サマーランドがブログで告知した刺青・タトゥーの入園規制に賛否両論の意見が寄せられ、東京サマーランドは11日にホームページで謝罪した。


東京サマーランドは、9日に刺青・タトゥーの入園規制の告知を「時間とお金は大切に」というタイトルで公開。「イレズミを身体に入れる自由があるようにイレズミの方の入園をお断りする自由もあるのです。パーティー会場やゴルフ場なんかでもドレスコードがあると思いますがそれと似たようなもので当園が決めた当園のルールです」と8年前から実施している入園規制をあらためて説明した。また、「イレズミ等のある方はサマーランドを利用することはできないので来ても時間やお金の無駄になる」、「イレズミのあるお父さんやお母さんと一緒に来たちびっ子は本当に気の毒です」、「お子様のためにもイレズミの方はサマーランドの利用をあきらめてください」と強い表現を用いて理解を求めた。


この告知に対して、ネットでは賛否両論の意見が殺到。「徹底した告知と行動。素晴らしいですね」、「こういう姿勢を明確に示してくれると安心して遊びに行けるね」、「毅然とした姿勢を貫けるサマーランドやるなぁ」と称賛する意見や、煽るような文言に「対外的に書く文章じゃないよな。何様だよと」、「タトゥーがない人にも不快感を与える文章が書けるってすごいな」、「読後感が良くないのは文体が妙にケンカ腰だからだな」と否定的な声があがっていた。


この状況を受けて東京サマーランドは、ブログ記事を削除。「より趣旨をご理解いただけることを期待して発信したもの」だったが、「一部の方々へ不快感を与える内容がありましたことを先ずお詫び申し上げます」と謝罪した。イレズミやタトゥーの入園規制については、引き続き実施するとして理解と協力を求めている。

はてなブックマークに保存

この記事のトピックス

最新トピックス

国内トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

「東京サマーランドの刺青・タトゥー入園規制、強気な煽り文句で炎上し謝罪 「時間とお金の無駄」」の関連ニュース

注目ニュース
<雪崩>高校生ら遭難6人心肺停止4人不明 栃木のスキー場 毎日新聞3月27日(月)10時37分
27日午前9時20分ごろ、栃木県那須町湯本の那須温泉ファミリースキー場で、雪崩が発生したと110番があった。[ 記事全文 ]
てるみくらぶが破産 資金繰り悪化、旅行代金の全額弁済はできず BIGLOBEニュース編集部3月27日(月)10時49分
格安旅行を販売するてるみくらぶは27日、資金繰りの悪化により今後の営業の見通しが立たないとして、東京地裁に破産を申請し破産開始決定を受けた。[ 記事全文 ]
安倍晋三首相 森友騒動収束と米国への“お土産”で稲田防衛相をチェンジ? アサ芸プラス3月27日(月)5時55分
日米首脳会談で“ゴルフ外交”や食事会で距離を縮め、トランプ大統領(70)との「蜜月」関係をアピールした安倍晋三総理(62)。[ 記事全文 ]
後半国会、尾引く「森友」…野党が追及緩めず 読売新聞3月27日(月)9時17分
国会は、2017年度予算案が27日の参院本会議で成立する見通しとなり、焦点は重要法案の審議に移る。政府・与党は6月18日の会期末までに、組織犯罪処罰法改正案(テロ準備罪法案)など重要法案の成立を期す構えだが、学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で野党は追及する姿勢を崩していない。[ 記事全文 ]
「てるみくらぶ」破産=格安旅行、顧客にトラブル通知 時事通信3月27日(月)13時4分
航空券の発券トラブルを顧客に通知していた格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京都渋谷区)が27日、東京地裁に破産を申請し、破産開始決定を受けた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア