軍師・官兵衛の父の墓所から当家ゆかりの「珪化木」出土 234年ぶりに姫路へ“帰郷”

8月12日(日)20時0分 神戸新聞

234年ぶりに姫路に戻った珪化木を囲む幸田精久宮司(左から2人目)や山下博文会長(中央)ら=広峯神社

写真を拡大

兵庫県姫路市にある戦国武将・黒田官兵衛の父職隆の墓所から出土し、福岡市の大長寺に移された黒田家ゆかりの「珪化木(けいかぼく)」が、234年ぶりに古里に帰ってきた。姫路市広嶺山の広峯神社に来春、建立され...

神戸新聞

「戦国武将」をもっと詳しく

「戦国武将」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ