<西日本豪雨>「みかんボランティア」募集 宇和島市吉田町

8月12日(日)17時43分 毎日新聞


 愛媛県やJAは、西日本豪雨により甚大な被害を受けた宇和島市吉田町で、ミカンの「摘果」や園地の片付けを支援する「みかんボランティア」の募集を始めた。収穫が始まる9月中旬までの作業が必要なため、ミカンに特化した急募を決めた。18、19、25、26日に各日100人募集する。18、19日分の締め切りは13日。【木島諒子、中川祐一】


 作業は4時間程度で、余分な果実を間引く「摘果」や泥をかぶった木や園地の片付け。JAえひめ中央伊予営農センター(伊予市市場)や県庁(松山市一番町4)などに集合し、各農家の園地へバスで移動する。一部集合地点を除き、午前6時半に出発し、午後2時半に戻る予定。申し込みはメールなど。問い合わせは、平日に県南予地域柑橘(かんきつ)農業復興対策チーム農地・担い手対策室(089・912・2553)へ。


 ◇お盆期間はボランティア受け入れ休止


 被災地ではお盆の期間、ボランティア受け入れを一時的に休止する。休止は大洲市が13〜15日▽西予市が12〜15日▽宇和島市が13〜16日。また大洲市では11日から事前予約制に変更。3日前の申し込みが必要になる。

毎日新聞

「西日本豪雨」をもっと詳しく

「西日本豪雨」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ