「ママを守りたい!」 DV被害で血まみれの母のため娘が下した決断とは

8月12日(月)18時1分 しらべぇ

ドメスティックバイオレンス(RyanKing999/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

父親が母親の頭を何度も踏みつけに…。凄まじい暴力に衝撃を受けた少女は、全てを撮影する決意を固めた。


■荒れ狂った父の姿

英国ベッドフォードシャーで暮らす15歳の少女が、昨年11月に母に襲い掛かる野獣のような父の姿に震えあがった。少女の母親は2013年に男に嫌気がさし家から追い出したものの、何度もよりを戻し「つかず離れず」の関係をどうにか維持していた模様。

男はこの日は娘と外出しその後に家に送り届けたが、どういうワケか機嫌が悪く、「家の中に入ってくるな」と娘に命令し、自分だけが家へ。ドアを蹴破り内部に侵入したという。


関連記事:電子レンジも使えない父親が仕事中に連絡してくる… 「他人事とは思えない」と衝撃

■あまりにも凄まじかったDV

「ただ事ではない」と悟った少女は、勇気をふりしぼり家の中へ。そこで父が母を激しく痛めつける姿に震撼した。

「この様子を映像に残すしかない」と決意した少女は「ああ、助けて」「パパ、やめて」「なぜこんな事をするの」と言いながら、携帯電話を用い暴れる父の姿を撮影。父を必死に止めようとする一方で、鬼の形相の父を撮影し続けた。

この映像は男に対する判決を下す際におおいに役立ち、その後に逮捕された父は8年の実刑判決をくだされた。

また男は大型ナイフを所持していたことも判明していることから、「警察や付近の住民が介入しなければ最悪の事態になっていた可能性もある」と報じられている。

■大怪我を負った母の恐怖心

少女の母は頭を何度も踏みつけられたせいで頭がパックリ裂け、7針も縫う大怪我を負った。

なんども踏みつけられた後に意識が遠のき気絶したという女性はいま経済的に困窮しているといい、その一方では将来をも憂い、「アイツの釈放が怖い」「いつか殺しに来るんじゃないか」と怯えきっている。


■投獄された父に会いに…

あまりにも酷いことをした男だが、娘にとってはやはり父。情は今もあるらしく、少女は定期的に面会に行っているという。しかし父親は暴行そのものにつき後悔しておらず、「あんな目に遭って当然の女」とさえ少女の母につき語っている。

世間からは「実刑8年なんて短すぎる」「娘に恐ろしい姿を見せつけた鬼父だ」といった様々なコメントが噴出中だ。


・合わせて読みたい→「父さんと母さんが悪い」 更生しない中年娘が凶器を持って父に襲いかかる


(文/しらべぇ編集部・マローン 小原



しらべぇ

「父親」をもっと詳しく

「父親」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ