岐阜県で110mmの猛烈な雨 名古屋でも豪雨

8月12日(日)16時50分 ウェザーニュース


2018/08/12 17:26 ウェザーニュース

前線と湿った空気の影響で愛知県や岐阜県などでは、発達した積乱雲が流れ込み激しい豪雨になっています。

岐阜県各務原市付近では12日午後3時50分までの1時間にレーダー解析で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、「記録的短時間大雨情報」が発表されました。

名古屋でも豪雨に

撮影:愛知県名古屋市

各務原市の南に位置する愛知県名古屋市のアメダスでは10分間に18.5㎜の激しい雨を観測。道路冠水の報告も寄せられています。

気温も急降下して13時台に35.6℃を観測した気温は16時には23.8℃まで急降下。一気に肌寒い体感になっています。

強雨のピークは越えつつありますが、夜まで断続的に雨が降る恐れがあります。荒天の間はなるべく外出を控えるようにしてください


記録的短時間大雨情報とは?

気象庁が数年に一度程度しか発生しないような短時間の大雨を、観測・解析をしたときに発表するものです。その基準は、1時間雨量歴代1位または2位の記録を参考に、概ね府県予報区ごとに決められています。

一般的に、この情報はテレビのテロップで周知されます。この情報が発表された地点は、災害の発生につながるような猛烈な雨が降っていることを意味しています。

地元自治体の発表する避難に関する情報に留意し、早めの避難を心がけてください。


ウェザーニュース

「記録的短時間大雨情報」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「記録的短時間大雨情報」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ