竹下氏、石破氏支持を表明…県議らに協力要請

8月13日(月)21時58分 読売新聞

 自民党の竹下総務会長は12日、9月の党総裁選で石破茂・元幹事長を支持する意向を明らかにした。地元の島根県出雲市で行った県議らとの非公開の会合で表明し、協力を要請した。

 出席者によると、竹下氏は党内の支持が安倍首相(党総裁)に偏ることの弊害を指摘し、「大政翼賛会にしてはいけない。来年の統一地方選、参院選で必ずしっぺ返しを食らう」などと訴えたという。報道機関の世論調査で内閣を支持しない割合が支持率と拮抗きっこうする中、首相が総裁選で圧勝した場合、世論の反発を招いて選挙で苦戦しかねないとの懸念があるとみられる。

 竹下氏が率いる竹下派(55人)は事実上の自主投票を決めており、衆院議員(34人)の多くは首相を、参院議員はほぼ一致して石破氏をそれぞれ支持する方向となっている。竹下氏が態度を明確にしたことにより、石破氏支持に回る議員が増える可能性がある。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「県議」をもっと詳しく

「県議」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ