新潟の林道に刃物刺さった女性遺体…20歳代か

8月13日(月)12時45分 読売新聞

 新潟県十日町市の林道で刃物が刺さった若い女性の遺体が見つかり、県警は12日、殺人・死体遺棄事件と断定して十日町署に捜査本部を設置した。

 発表によると、11日午後4時20分頃、同市伊達の林道をバイクで走っていた男性が遺体を発見した。同署が調べたところ、うつぶせに倒れた状態で背中に刃物が刺さっていた。司法解剖の結果、死因は不明だったが、複数の骨に刃物による損傷があった。今月上旬にはすでに死亡していたとみられ、一部白骨化していた。

 20歳代とみられ、身長は1メートル62。黒いカーディガン、ボーダー柄のキャミソール、薄い青色のワイドパンツを身に着け、靴は履いていなかった。県警が身元の確認を進めている。

 現場はJR飯山線十日町駅から南に約5キロ離れた山中で、付近に人家はなく林道の人通りは少ない。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「死体遺棄」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「死体遺棄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ