日本列島は真夏と秋が同居

8月13日(日)16時36分 tenki.jp

日本列島は、西日本は夏の空気に覆われていますが、北日本は秋の空気に覆われ、その一部が東日本にも流れ込んでいます。

九州から東海は暑さ対策を

月曜日は、九州から東海にかけて、最高気温が33度前後と予想されています。九州は西から前線が近づくため、雲が多く、午後は雨が降ります。強い日差しによる暑さはないものの、湿気がたっぷりで、かなり蒸し暑いでしょう。福岡は33度です。服装は風通しがよく、汗をかいてもすぐ乾く素材の物がオススメです。中国・四国や近畿、東海、北陸は晴れ間の出る所が多いでしょう。松山、岡山、大阪、名古屋で33度、京都と岐阜は34度の見込みです。日差しがあれば、それだけで体で感じる温度は高くなります。外を歩く場合は、なるべく日陰を選んで歩きましょう。帽子や日傘を使うものよさそうです。暑さを和らげる夕立は、山沿いを中心とした比較的狭い範囲になるでしょう。また、お盆休み中で、車を運転される方が、大勢いらっしゃると思いますが、車内は特に高温になりやすいため、熱中症に注意してください。

関東から北海道は気温低め

関東や東北、北海道は、秋田沖に停滞する低気圧やオホーツク海高気圧からの湿った空気により、天気は曇りや雨。関東は気温が30度に届かない所が多く、東京都心の予想最高気温は29度と9月上旬並みです。真夏はどこへ行ってしまったのでしょうか。東北や北海道は各地とも、この時期としては気温が低い予想です。特に太平洋側の地域は、東の海上から冷涼な空気が流れ込むため、ヒンヤリする所もあるでしょう。仙台は26度の見込みです。宮古は10月上旬並みの20度(平年より7度くらい低い)、八戸は21度、釧路は17度と、羽織る物がないと過ごせないくらいでしょう。帰省中の方も、故郷がこの時期、こんなに気温が低いのかと、思われるかもしれませんね。

tenki.jp

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日本をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ